学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海医療科学専門学校

『 遠隔開催「学生救急技術発表会」! 』

こんにちは、教員の大野です。

先日、定期的に実施している献血を空き

時間で実施していました。

献血ルームは新型コロナウイルス感染症

の影響もあるためか、比較的にガラガラ

の印象がありました。

少しでも社会に貢献できる出来事のひと

つと考え、累計するとかなりの血液を提

供できていると思います。

昨日は新型コロナウイルス感染症の拡大

防止の観点から毎年恒例の「学生救急技

術発表会」の遠隔開催を実施しています。

クラスター管理を目的に少人数スタッフ

により管理された試験会場で展示を行い、

教室内の学生さんや保護者の方に視聴し

て頂くシステムを採用したはじめての試

みではありましたが・・・

概ね「成功!」と言える結果ではありま

した。

なお主体となる学生さんたちのシミュレ

ーション展示は4症例を各3チームで競

い合う方法で専任講師が評価を行ってい

ます。

【各事例内容】

1例目:心肺停止事案

2例目:脳卒中を疑わせる低血糖事案

3例目:熱中症に伴う高度脱水事案

4例目:交通事故による骨盤骨折事案

緊急事態宣言解除後の6月以降にほぼ毎

日シミュレーション実習が行われ、詰込

み学習が心配されました。

しかし学生さんたちは限られた時間のも

とで日頃の学習成果を発揮してくれまし

た。

なお全ての事例は大会当日まで内容を秘

密にされ、救急隊と同じように119番通

報段階で状況を知ることになります。

展示終了後の簡易フィードバックでは評

価者である専任講師の指摘に対して・・・

「あぁ!! そうだった!!」

このように悔しがる学生さんも数名ほど

確認されました。

大事なことのひとつとしてシミュレーシ

ョン教育はあくまでも「疑似体験」であ

り、そこから体験した失敗を救急現場に

反映していけることです。

小規模な大会でありましたが、学生さん

の学びは例年と同じように大きな成長を

遂げる良い大会となりました。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

行きたい日付をクリック

詳しく見る