学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海歯科医療専門学校

本科2年生 エステティックの技工

本科2年生では、審美歯科技工でご活躍されている山田和伸先生の講義と実習が始まりました。

オールセラミッククラウンの授業で、特に前歯の補綴物(かぶせ物)には必要不可欠な審美的要素などを学んでいきます。

初めて扱うポーセレンという材料に苦戦しながらも、真剣に取り組む姿がみられました。

歯科技工の難しさも楽しさも学んでいってください!!

東海キャリアナビ

現在、歯科技工士科は夏休み中ではありますが、就職活動の一環としてZOOMを利用した東海キャリアナビを開催しています。

求人をいただいている複数の会社に参加していただいて会社説明等を行っていただいています。学生さんは自宅からも参加でき、夏休みを利用して就職活動を行っています。

現在折り返し時点ではありますが、すでに20社ほどご参加いただきました。

学生さんは求人をいただいた会社の中で気になった会社に対して見学を申し込むこともできて、学生さんの中にはすでに数社の見学に行った学生さんもいて直に歯科医療の現場に触れて就職へのイメージを膨らませていました。

お話を聞くだけでも実際の仕事内容や、歯科技工士の仕事の幅を知ることが出来るので進路決定に役立つ情報を得られます。

夏休み明けからは、実習も増え、卒業試験そして国家試験に向けて忙しくなってくるので今のうちに就職活動や歯科技工士の実際の仕事のイメージを作っていけるといいですね。

8/1オープンキャンパス、スペシャルオープンキャンパスを開催

8月1日(日)10:00~12:00に通常のオープンキャンパスを、13:00~15:00にスペシャルオープンキャンパスを開催しました。

午前中のオープンキャンパスでは学校説明と、歯ぐきを作る歯肉形成のプログラムを行いました。

午後はオープンキャンパス・スペシャルプログラム(第1弾)として、エピテーゼ体験「シリコンで自分の指を再現しよう!!」を開催しました。

今回の実習では歯型をとる材料を用いて指の型をとり、石膏を流して自分の指の模型とシリコンの型となるワックス原型を作りました。

石膏を流した模型には香りをつけてアロマストーンとしておみやげに持ち帰っていただき、ワックスでできたものはこの後シリコンへと置き換え、次回(8月22日13:00~)のスペシャルオープンキャンパスで着色を行っていきます。

今回ご参加いただいた皆様にはご自身の指を作っていただきますが、

スペシャルオープンキャンパス2回目のみの参加でも、指の着色の体験実習を行えますので、興味のある方は是非お申し込みください。

次回の開催は8月19日(木) 10:00~です。スペシャルオープンキャンパスの2回目は8月22日13:00~です。

夏期休暇前の大掃除

本科1年生、2年生は今日が夏期休暇前の最後の授業でした。

授業や科目試験を受けたあと、教室や作業室、階段、玄関回りなどの大掃除をしました。

暑い中、みんなで協力しながら綺麗にしてくれましたよ!

夏期休暇中、事故や病気には十分気を付けてください。

新学期に元気な笑顔を見られることを楽しみにしています!!

専攻科 CAD/CAMシステム

本校では歯科技工士の専門学校卒・国家資格を保有した方がさらにレベルアップするために学べる『専攻科』があり、現在CAD/CAMシステムの授業を受けています。

コンピューターや機械を使い歯の被せものなどを作るシステムがCAD/CAMです。

歯科の知識を培ってきた専攻科の方がより深い歯科技工のお話をし合いながら、臨床に近い技術や知識を習得している姿を見ると就職後の活躍が楽しみです!

七夕の願い事

新型コロナウイルス感染症の蔓延でイベントが開催できずにいますが、学生さんが手描きの笹と短冊を準備してくれました!

さすが作ることが得意な歯科技工士科の学生さんです。アイデアに関心します!

みなさんの願い事が叶いますように・・・☆彡

本科2年生 化粧療法

本科2年生では資生堂さんの化粧療法の授業が始まりました。

メーキャップやハンドケアを行うことで、脳の活性化やリラックス効果が得られることがあり、医療に携わる歯科技工士を目指す者として勉強になります。

ハンドケア講座では、一人がお手本役、もう一人は高齢者役となりペアワークを行いました。

ネイルケア講座では、好きなネイルカラーやネイルシールを使い美しい指先になることで脳の血流が良くなるそうです。

最後に学生同士で褒め合い、コミュニケーションの大切さも学ぶことができました。徐々に笑顔が増えてく学生さんの姿が見れて嬉しいです!

2021.06.20.オープンキャンパスを開催

6月20日(日)オープンキャンパスを開催しました。

(対応する教職員、学生スタッフは全員が新型コロナの検査を受け陰性であることを確認しています)

今回は初回参加の方と複数回の参加の方で別々のプログラムを行いました。

はじめて参加される方は「歯ぐきを作る(歯肉形成)の実習」を、2回目の参加の方には「人工歯の排列と歯肉形成の実習」に挑戦していただきました。さらに、通常プログラムに3回目の参加をしていただいた方には「歯の着色」に挑戦していただきました。

まず、タブレット端末を通して学校説明を受けていただいてからそれぞれの実習を行っていただきました。

多くの方が普段、歯の向きや歯ぐきのかたちといったことを意識する事は少ないと思いますが、入れ歯を作るうえで必要な知識となります。実際の歯科技工の現場で使用する材料を使い、実習にチャレンジしていただきました。ご参加いただいた皆様にとっては慣れない作業でしたが上手に仕上げることが出来ました。

また、歯の着色の実習では、歯は、ただ白いだけでなく場所によってオレンジや茶色といった色が存在するため、歯の特徴や構造を考えながら天然の歯に見えるように色付けを行いました。真っ白な歯から自然に見える歯に仕上がりました。

歯肉形成実習

学校独自の模型を使用して、歯肉形成の実習が始まりました。

講義で専門用語や作業工程の知識を学び、体験することでより深く知識が習得してくると思います!

↓先生のデモ見本です。

↑火の取り扱いに注意をしながらワックスを盛っていきます。

↑余分なワックスを削ったり、健康的な歯肉に見えるように形成中です。

↑手持ちバーナーを使用して最後の仕上げ作業中です。当てすぎるとドロッとなったり、手加減をすると融けなくて綺麗にならないので調整するのが難しい作業の1つです。

実習に合わせて様々な道具を扱うので気を付けながら行っています!

(歯科技工士科 小林)

スポーツ技工ゼミ

歯科技工士科2年生のスポーツ技工ゼミの様子です。

スポーツをする際に衝撃から歯や歯肉を保護し、パフォーマンスの向上を期待してマウスガードを使うことがあります。

そのマウスガードを製作するのも歯科技工士の仕事の1つです。

ご自身の経営される歯科技工所で多くのスポーツマウスガードの制作もされている土井先生より、製作方法の講義を受けた後、実習へと移りました。

マウスガードの素材には様々な色があり、学生さんは好きな色を選ぶなど、楽しみながら授業に取り組むことができました。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

オープンキャンパスの見どころをチェック!

詳しく見る