学校法人セムイ学園 厚生労働大臣指定/愛知県知事認可専修学校

ブログ
東海医療科学専門学校

3学年合同模擬試験を実施しています。

3学年合同模擬試験を実施しています。
試験範囲は国家試験に準じた範囲です。

1年生、2年生は臨床工学技士国家試験の出題範囲すべてのカリキュラムが終了していませんが、
現在の自分の実力を測る木目的に加えて、最終目標を確認するための目的もあります。
少しでも点数が取れるよう頑張ってください。

クリスマス会(コロナ禍で行える)を行いました。

クリスマスが今年もやってくる~♪

今年度、国家試験受験を迎える3年生たちとクリスマスのお楽しみ。

昨年まではケーキを食べたりしていましたが、今年は飲食は一切なし!のため、
クラス全員でプレゼント交換をしました!!
DSC_0130

DSC_0124

何が当たるかな~??
誰が私のプレゼントを受け取るのかな~??

思考をこらしたあみだくじからの風船くじ。
ドキドキ… ドキドキ…

袋を開けると、夢いっぱいスクラッチカード☆彡
色々楽しめる入浴剤★
乾燥しないように加湿器☆彡
あったかマフラー☆
大量のおかし詰め合わせ☆彡
良いニオイの石けん★

みんなすごく考えられたプレゼントに笑いが止まらず
楽しい時間となりました。

まだまだマスクは外せないし、一緒に何か食べることもできない。
だけど、考えて楽しむことができるみんなは本当に素敵です♡
DSC_0145
このまま国試までがんばって行こう!!

みなさんも良いクリスマスと良いお年をお過ごしください (*´ω`*)

学習発表会を実施しました。

基礎医学実習の総まとめとして、学習発表を行いました。
学生自身が発表タイトルを選び、文章にまとめクラスメイトに向けて発表を行います。

学生一人の持ち時間は3分間です。

苦労して作成したレポートから学べたことや得られた成果を発表したり、初めて経験する臓器解剖実習についてまとめたりと、いろいろな視点をもって実習に望んでくれていたようで、聞き入ってしまう発表が多かったです。
司会進行も学生が交代で行いました。
IMG_7657

IMG_7674

人前で自分のまとめた考えを発表する経験が初めてだった学生さんもおり、発表する手元が小刻みに震えるくらい緊張していました。

レポート作成は班ごとのチームワークを駆使して、クラス全員が一丸となって取り組み、よく頑張ったと思います。
一つ一つ経験を重ね、大きく成長したのではないでしょうか。

2年生でもレポート作成やプレゼンテーションはまだまだあります。

今はまだ、クラスメイトが相手の発表ですが、3年生の臨床実習の際には、現場でお世話になった先生方に発表する機会もあります。

少しずつ成長する姿をクラス全体で確認できる良い機会となりました。

基礎工学実習にてフィルタの特性について調べました。

臨床工学科1年生が電気工学演習を行いました。
今回のテーマは「RC低域通過フィルタ、RC高域フィルタについての交流回路の理論の正しさを確認」します。
また、デジタルオシロスコープの使用法の理解も併せて行っていきます。

この演習では、事前に今回各フィルタの周波数特性の計算を行っています。その計算と今回ブレッドボードを使用し模擬回路を作成した周波数特性が一致するかを実際の波形を見ながら確認していきます。

1班4名で協力しながら演習を進めていきます。回路を組み立てる学生、オシロスコープを操作する学生、実測値を計算する学生と役割を決めながら行っています。

今回のRC低域通過フィルタ、RC高域フィルタはある一定の以上or以下の周波数の信号を除去することができ、多くの医療機器(特に計測機器)に用いられています。

臨床工学技士国家試験においても出題頻度が高いため、この様な演習を行うことでよりイメージをもつことが重要となります。

心臓からの情報をキャッチ!~心電図計測実習

入学して何回も授業で勉強している心電図を実習として行いました。
今回は、『何をしたら、どんなことが起こるか』を班ごとで計画し、実行してもらいました。

学生のアイディアは面白い発想でした。
“笑う” “寒さに耐える” “激しい運動をしてみる” “背中で測定してみる” “右側に電極を貼ってみる” などです。どういった結果が予測できるのか考えて計画を立てていました。

それぞれの班ごとに心電計も違います。被験者(体格)も違います。
班ごとにどんな結果が出るのでしょうか。
測定結果を班ごとに分析します。

“右側だと電位が低くなるから心臓は左に配置している”
→当たり前のことですが、電位の高さから証明されました。

“運動するとR波どうしの幅が狭くなる(心拍数が多くなる)”
→経験で知っていますが、波形で見るのは初めてです。

“寒さに耐えながら心電図をとるとギザギザ(筋電)が入って波形がわからない”
→心電よりも筋電の電位がはるかに大きいと証明されました。

当たり前のことを心電計という道具を使って証明していきます。

1924年にドイツのウィレム・アイントホーフェンが「心電図のメカニズムの発見」の功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞してから96年。
レポートの中で学生が『心電計の発明者はすごい技術を発見した』と感想を書いていました。
発見されてまだ100年、新しい発想でさらに進化する可能性もあります。

まずは、基本をしっかり勉強し理解することが大切です。

尿は体のバロメータ?~ウロペーパによる尿検査の実施

通常の尿検査は病院の中では臨床検査技師の行う業務ですが、尿で知ることができる項目を勉強するために尿検査を体験してみした。

普段、トイレですぐに流してしまう尿ですが、実習では各自、自分で採取した尿を使います。

トイレで採尿カップに入れた尿を観察します。匂い・色など普段はじっくり見ることない尿ですが、今日は、良い教材となっています。

次にブドウ糖・pH、比重、潜血などを調べます。
ウロペーパーという細い検査紙を尿に付け、決められた秒数で判定していきます。
たくさんの項目(今回は10項目)を次々に見比べています。

体調だったり、飲食物であったりいろいろな要因で変動する尿の成分です。
尿には体からの重要なメッセージが込められています。

皆さんも一年に一度は尿検査を受けていますか?
とても大事な検査ということがこの実習を通じて体験できたようです。

バイタルサインチェックの基本~血圧測定


 
血圧はどんなことで変動するか?このことを自分自身の体を使って実習しました。
普段の血圧と、運動した直後の血圧とどのくらい違うのか各学生が工夫を凝らして実習します。
運動すると脈拍が早くなるのは体験的に知っています。
しかし、血圧の値は?という疑問を持ったようです。
運動直後、学生同士で血圧を測定するので、うまくいかないこともありました。
そのたびに、運動することからやり直しです。

ある学生は、測定する腕を上にあげ、測定しています。
血圧は心臓が作り出す圧力なので、高さが変わるとどうなる?という疑問を持ったようです。

実習で大切な事・・・
疑問を持ったことを実行する、学生自身が考えて行動する中に新しい発見があるようです。

代謝をコントロールする働き~ブタの腎臓解剖実習

ブタの腎臓を使って、解剖実習を行いました。
今回の実習は各学生が一つずつ腎臓を解剖していきます。

まずは外観観察を行い、重さをはかって、厚み・長さ・硬さなどを調べます。

腎臓の表面はつるつるしています。そっと押してみると、場所によって硬さが違います。
平たくソラマメ型をした腎臓は尿を作る臓器です。
表面を押してみると、側面についた管から液体が出てきます。
血液ともう一つは透明な液体です。

血液が出てきて、丈夫な血管が動脈なのでそこから墨汁を注入します。
どこが黒くなるでしょうか。

腎臓を平たく切開すると、黒く染まっている部分と、そうでない部分がはっきりとわかります。皮質と呼ばれる部分にはとても細い血管があり、そこで尿の元が作られます。この部分を糸球体といい毛細血管が集合し、その部分が点となって黒く染まります。

全体が染まると予想していた学生もいたようで、しっかりと観察していました。

腎臓はとても多くの働きがあります。そして、とても働き者なのです。

レポートの中にも、腎臓を褒めたたえる気持ちが表現されていました。
臨床工学技士は、腎不全の患者さんの人工透析治療に携わります。

腎臓の機能を理解し、代行できるもの、補充しなければならないことを考える良いきっかけとなったようです。

循環の中心となる臓器~ブタの心臓解剖を行いました。

基礎医学実習にて人間の構造に近い“ブタの心臓”を解剖して構造などを学びました。

心臓の外観はずっしりとした質感、押してみた弾力、まさに筋肉の塊です。
中の構造は4つの部屋に分かれています。
それぞれ出ていく先は違っていて、その構造も特徴があります。

全身から心臓へ戻ってきて一番初めに入る部屋を“右心房”といいます。その次は、“右心室”、肺への血流を送り出す部屋です。やや厚みの圧筋肉の壁を持っていて、体の前側にあります。

4つの部屋の違いを観察するだけではなく心臓内部の観察も行います。
心臓にはポケット状の弁もあります。とても頼りなさそうな薄い膜で、気を付けて観察しないと見逃してしまいそうです。
弁は心臓が送り出した血液が逆流しないように、ポケット状に膨らんで機能します。この弁がぶつかる(閉鎖)時の音が聞こえていると知るとさらに驚きが大きくなりました。

また、弁を支えている腱索(けんさく)をひっぱってみます。かなり強い力を加えないとちぎれません。その腱索の細さと強度に驚いていました。

教科書で見る心臓のイメージと随分違っているようで、興味深く観察していました。
中には、心室内の様子を見て不思議そうに“なぜこんなにもぼこぼこしているのだろうか”と疑問を持つ学生もいました。
疑問を持って学習に取り組む姿勢は、今後の成長につながります。

“百聞一見に如かず” こんな言葉が頭に浮かぶ光景の実習でした。

呼吸をサポートする人工呼吸器実習

臨床工学技士は生命に関わる高度な医療機器を専門に扱う医療従事者です。
人工呼吸器も生命に関わる医療機器の1つ、生命維持管理装置です。

人工呼吸器は肺の機能が低下し呼吸が十分に出来なくなった患者さんに呼吸をサポートするために使用されます。

臨床工学技士は人工呼吸器が安全に使用されるための保守点検から、実際に人工呼吸器が装着されている患者さんの場所に行き異常が無いかなどの確認を行います。

この実習では、実際の人工呼吸器の構造を理解し、呼吸器回路の組み立てから始まります。

実際に人工呼吸器を稼働させ、様々な疾患に対する呼吸モードの意味を理解し、設定方法も合わせて学びます。

当校における人工呼吸器の実習は臨床現場で活躍されている臨床工学技士を始め、3名の教員体制で学生対応を行っています。

人工呼吸器について学び、多くの種類の人工呼吸器を実際に操作することで、今後、臨床現場にてどんな治療が患者さんにベストであるかを考える力となればと良いです。

セムイの魅力をまるごと体感!

セムイ学園ならではの特別なオープンキャンパス。先生や生徒とのふれあいを通じて、セムイ学園の日常を体験しよう!オープンキャンパスでしか体験できないプログラムを用意してお待ちしております。

オープンキャンパスの見どころをチェック!

詳しく見る