学校法人セムイ学園東海医療科学専門学校
無料資料請求 オープンキャンパス
臨床工学科
学科紹介
資料請求 オープンキャンパス
  • オープンキャンパス開催日
  • 2017年12月3日()  
  • 2018年1月14日()  
  • 2018年2月4日()  
  • 2018年2月25日()  
  • 2018年3月11日()  
パンフレットダウンロード ao入試 よくあるご質問
基本情報 担任紹介 学外実習 教育課程表 ブログ
臨床工学科ブログ
血糖・血液型判定
2011.10.24

今回の1年生の学内実習は血糖検査と血液型判定です。

血糖・血液検査01  血糖・血液検査02

まず学科長から血糖値と血液型判定に関する講義を受けました。
血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことで、健常なひとの場合、空腹時の血糖はおよそ80〜100mg/dl程度といわれています。


食事などで食物が摂取されると血糖値が上がります。血糖値が上がると、血糖値を下げることのできる唯一のホルモン「インスリン」が膵臓から分泌され、血糖が下がります。

血糖測定01

このインスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの働きが悪いと血糖値の調整がうまくいかず慢性的な高血糖の状態が続き糖尿病となります。
毎日毎日あまーいジュースをたくさん飲んで、あまーいおやつを食べ続けていると、いつか膵臓が疲れてインスリンを出すことをやめてしまうかもしれません…。そうなると…
そんな勉強を少しした後で、いざ採血。

血糖測定02  血糖測定03

っといっても今回の血糖測定のために必要な血液の量は0.3マイクロリットル。
0.3μl……?ほんの血液の粒1㎜程度です。

専用の器械と血液採取用の針を使って「血」を出します。
測定前に板チョコを何枚も頬張ったり、お昼ご飯のお弁当を食べずに我慢して血糖測定に挑んだ子(実習は14時過ぎでした。お腹空いたよねぇ…)、明らかに嫌そうでなかなか針が飛び出すボタンを押せないでいる子、涼しい顔をしながらも、よーく見たら手がプルプルしている子(笑)、みんなそれぞれ頑張っていました。

血糖測定04  血糖測定05

今回、ピンクの針と紫の針と青の針を使用したのですが、針の太さがそれぞれ違い、ピンクが一番細く、青が一番太いのですが、大きな男の子達が皆、口を揃えて「ピンクくださーい」「俺もピンクくださーい」っと言っていました…笑

針を刺すのってやっぱり怖いですよね。ですが、糖尿病の患者さんはこの血糖測定を毎日毎日行わなければならないのです。

皆さんが従事する血液透析で用いる針は今回の針よりももっともっと太いです。患者さんの気持ち、少しは理解することができたでしょうか?

血液型判定08  血液型判定09  血液型判定10

今回は血糖測定の他に、血液型判定の実習も行いました。自分の血液と動物から採取した抗A、抗B抗体というものを混ぜ合わせ、血液の凝集反応をみて血液型を判定します。

血液型判定01  血液型判定02

A型の子、B型の子、O型の子、それぞれ反応が違います。血液型にはよく言われる性格の違いだけでなく、医学的な特徴がたくさんあります。病院で輸血が必要になった時には、このような簡単な検査だけでなく、より細かい様々な検査が行われます。

血液型判定03  血液型判定04  

そこで一つでも型が違ったり、問題があれば輸血することはできません。足りないからとりあえず違う型を入れる、ということはできないのです。そんな勉強をして、献血に行ってくれた学生さんもいたようです。

血液型判定05  血液型判定06  血液型判定07

献血って、病院で働いていなくてもどこかで困っている患者さんの役に立つことができる素敵な手段ですよね。そんな方のことを想って献血に行ってくれる学生さんがいるって嬉しいことですね☆

Comments are closed.

学校法人セムイ学園 東海医療科学専門学校
〒450-0003 名古屋市中村区名駅南2-7-2(名古屋駅・伏見駅から徒歩12分)
TEL:052-588-2977(学校代表) FAX:052-588-2978

臨床工学科

基本情報 担任紹介 学外実習
教育課程表 ブログ
血糖・血液型判定

今回の1年生の学内実習は血糖検査と血液型判定です。

血糖・血液検査01  血糖・血液検査02

まず学科長から血糖値と血液型判定に関する講義を受けました。
血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことで、健常なひとの場合、空腹時の血糖はおよそ80〜100mg/dl程度といわれています。


食事などで食物が摂取されると血糖値が上がります。血糖値が上がると、血糖値を下げることのできる唯一のホルモン「インスリン」が膵臓から分泌され、血糖が下がります。

血糖測定01

このインスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの働きが悪いと血糖値の調整がうまくいかず慢性的な高血糖の状態が続き糖尿病となります。
毎日毎日あまーいジュースをたくさん飲んで、あまーいおやつを食べ続けていると、いつか膵臓が疲れてインスリンを出すことをやめてしまうかもしれません…。そうなると…
そんな勉強を少しした後で、いざ採血。

血糖測定02  血糖測定03

っといっても今回の血糖測定のために必要な血液の量は0.3マイクロリットル。
0.3μl……?ほんの血液の粒1㎜程度です。

専用の器械と血液採取用の針を使って「血」を出します。
測定前に板チョコを何枚も頬張ったり、お昼ご飯のお弁当を食べずに我慢して血糖測定に挑んだ子(実習は14時過ぎでした。お腹空いたよねぇ…)、明らかに嫌そうでなかなか針が飛び出すボタンを押せないでいる子、涼しい顔をしながらも、よーく見たら手がプルプルしている子(笑)、みんなそれぞれ頑張っていました。

血糖測定04  血糖測定05

今回、ピンクの針と紫の針と青の針を使用したのですが、針の太さがそれぞれ違い、ピンクが一番細く、青が一番太いのですが、大きな男の子達が皆、口を揃えて「ピンクくださーい」「俺もピンクくださーい」っと言っていました…笑

針を刺すのってやっぱり怖いですよね。ですが、糖尿病の患者さんはこの血糖測定を毎日毎日行わなければならないのです。

皆さんが従事する血液透析で用いる針は今回の針よりももっともっと太いです。患者さんの気持ち、少しは理解することができたでしょうか?

血液型判定08  血液型判定09  血液型判定10

今回は血糖測定の他に、血液型判定の実習も行いました。自分の血液と動物から採取した抗A、抗B抗体というものを混ぜ合わせ、血液の凝集反応をみて血液型を判定します。

血液型判定01  血液型判定02

A型の子、B型の子、O型の子、それぞれ反応が違います。血液型にはよく言われる性格の違いだけでなく、医学的な特徴がたくさんあります。病院で輸血が必要になった時には、このような簡単な検査だけでなく、より細かい様々な検査が行われます。

血液型判定03  血液型判定04  

そこで一つでも型が違ったり、問題があれば輸血することはできません。足りないからとりあえず違う型を入れる、ということはできないのです。そんな勉強をして、献血に行ってくれた学生さんもいたようです。

血液型判定05  血液型判定06  血液型判定07

献血って、病院で働いていなくてもどこかで困っている患者さんの役に立つことができる素敵な手段ですよね。そんな方のことを想って献血に行ってくれる学生さんがいるって嬉しいことですね☆

2011.10.24

学科紹介ページへ

メニュー

学校法人セムイ学園 入学サポートセンター

電話:052-561-8001 FAX:052-561-7887

サポートセンターへ電話

学校事務室や教員にご用の方はこちら

学校事務室へ電話 メールフォームでのお問い合せ

ページ TOPへ